ユニフォームと仕事 | ビジネスにもファッションを、オシャレなユニフォーム

ビジネスにもファッションを、オシャレなユニフォーム

老夫婦と介護師

ユニフォームと仕事

医療職

ほとんどの医療従事者は制服やユニフォームを身に付けて仕事を行なっています。
真っ白な白衣を身にまとったドクター、動きやすそうなナース服や、医療技師などの身につける制服を目にする機会も多いです。
医療の現場では衛生面を非常に重要視しています。
その為、汚れが目立つようなデザインが多いと言われています。

保育・介護

保育や介護の現場でも制服やユニフォームを導入する施設が多いです。
たくさん動き回る子どもや、解除が必要なお年寄りを相手にしている介護職では、動きやすい服、丈夫な服が求められています。
また、介護の現場では、生活の中で様々な場面の補助を行なうので、その場その場で適切な服装があります。
入浴時などは水で制服がびしょびしょになる事も多いので、入浴介護用に水をはじく素材のウェアなどは人気があります。

飲食店

飲食店では、ホール業務を行なうスタッフと、調理担当のスタッフで制服が異なります。
ホールスタッフは清潔感があって、お店のイメージを反映したデザインを、調理担当のスタッフは、いわゆるコック帽や白い制服を身につけるのが多いです。

ショップ

ブランド商品を扱うショップでも制服やユニフォームを利用しています。
購入意欲を刺激する上でも、視覚の与える効果は大きいです。
ブランドショップのユニフォームなどは高級感やデザイン性に優れたものが多いです。

オフィス

オフィスでも制服やユニフォームが利用されています。
いわゆるOLさんと呼ばれる制服は、一昔前まではオシャレじゃない、画一的だという事であまり好ましいイメージが無い人も多かったですが、
可愛らしいデザインで、また自分の私服と会社のイメージとが合わない場合には、ビジネス用の装いを選ぶ手間が省けるので便利です。