ユニフォーム変更 | ビジネスにもファッションを、オシャレなユニフォーム

ビジネスにもファッションを、オシャレなユニフォーム

老夫婦と介護師

ユニフォーム変更

モチベーションUP

ユニフォームや制服は、機能面や心理的効果を表すなど、様々なメリットがあります。
ユニフォームを導入する際というのは、お店の新規開業や、介護などの事業所が増える際ばかりではありません。
今現在制服やユニフォームがある企業や店舗でも、ユニフォームチェンジを行なう事で、実は期待される効果があります。

差別化

ユニフォームのもたらす効果は対外的なものばかりでなく、その身につけるスタッフ自体に及ぼす効果も大きいです。
制服やユニフォームが一新する事で気持ちが引き締まり、スタッフ一人一人が改めて企業や医療、福祉などの施設の一員であるという自覚が高まります。

企業自体のイメチェン

制服などを変える事は、他社や他業者との差別化にも繋がります。
介護の現場などでは、機能性が最も需要視され、動きやすいジャージ素材であれば何でも良いという事業所もあります。
確かに動きやすい服装という面で考えると服装は何でも良いのですが、一体感が無く、職員だという判別が付きにくいです。
ユニフォームを導入する事で、どの施設の介護職員という事が明確になり、訪問先などでも印象が良く便利です。
介護の現場では、信頼性も重視される要素なので、個人でやっている小さな事業所でも制服やユニフォームがあると、ちゃんとした印象があります。

新しいユニフォームにする事で顧客や関連会社に対しての対外的なイメージを変える効果があります。
最新のデザインを取り入れる事でより受け入れやすい雰囲気を作るきっかけになります。